副院長中山雅恵が1ヶ月ほど休養いたします

投稿日:2015年7月15日

カテゴリ:マコト歯科Blog

日頃よりマコト歯科医院に通院なさっている患者様および当ホームページを御覧いただいている新患の方々にご報告がございます。

誠に申し訳ございませんが、当院副院長である中山雅恵が不慮の事故により腕を骨折してしまい、1ヶ月ほど休養させていただくこととなってしまいました。

中山雅恵の担当している患者様にはお電話にて謝罪させていただきましたが、別途このブログにて謝罪させていただきます。誠に、誠に申し訳ございません。

医療人として、腕を骨折するということは患者様にご迷惑をかけることとなり、あってはならないことで、本人だけでなくマコト歯科医院スタッフ一同といたしてましても猛省しております。

全治1ヶ月ほどですが、できるかぎり早い復帰ができるように最善を尽くす所存でございます。復帰の日時が決定し次第、当ブログでも告知させていただきますので、どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後ともマコト歯科医院をよろしくお願い申し上げます。

院内システム構築と勉強会

投稿日:2015年2月14日

カテゴリ:マコト歯科Blog

先日、患者様から電話で酒田の熊谷先生プロッフェッショナルをご覧になり、同じ診療が受診できるかの問い合わせがありました。

大変申し訳ありません。 現在、システムの構築中で、ご希望するような診療を現在は提供する事ができない事をお伝えしました。

その患者様の近所にはそのような診療所が無いと言う事で、受講経験のあるマコト歯科を検索されたようです。 受講生としては不徳の致すところです。一日も早く、同じような診療を提供できる様に努力しなくてはと思っております。

そんな矢先、スタッフ勉強・会食会で、嬉しい発表がたくさんありました。 患者様に寄り添って、患者様の真の利益を優先する。といった信念がスタッフに浸透している事を確信できたからです。 診療システムを改変する事は大変な努力をスタッフに強いる事になります。

blog_pro

しかし彼女らはそれを快く、そして前向きに受け入れてくれました。 本当に感謝です。また、大いに語り合い、励ましあって、楽しみましょう。

今年初ブログ!

投稿日:2015年2月5日

カテゴリ:マコト歯科Blog

今年も、もう1ヶ月が過ぎてしましましたね。
本当に時の流れるのが早い気がします。

振り返ってみると、去年は公私ともに節目のとしでした。
そのためか、少しばかり気抜けた新年のスタートしたでした。
年末の台湾での英語のプレゼンテーションは今までに無いプレシャーで、終わった途端に本当に気が抜けてしましました。

a

b

しかし、このような機会を与えて頂くたびに、友情、多くの反省と経験そして前に進むエネルギーを頂いているような気がします。このエネルギーを診療に反映させて、患者様の笑顔につなげたい。べたですが、私の思いです。

今年も頑張るぞ。皆様よろしくお願い致します。

慶応大学病院、和島先生セミナーを受講

投稿日:2014年12月27日

カテゴリ:マコト歯科Blog

前回、鹿児島のなでしこデンタルJAPNのお話をさせて頂きましたが、その後に開催された、セミナー後慶応大学病院の和島先生の痛みについてのセミナーを受講してきました。

kagoshima2

痛みについての講演、そして実際の患者さんでの診察ライブとっても有意義な時間でした。

懇親会では、和島先生とたくさんお話しする事ができ、感動とともにもっと学ばなくてはと気持ちを新たにしました。

kagoshima1

そして、これを機会に、日本口腔顔面疼痛学会に入会する事を決心しました。痛みの原因を診断する事は大変難しい事です。しかし、多くの患者さんが、原因が分からずに悩んでおられます。

このような方達の少しでも助けとなれる様に、日々精進していきたいと思っています。

なでしこDental JAPAN in 鹿児島

投稿日:2014年12月18日

カテゴリ:マコト歯科Blog

今年もあとわずかですね。
何だか慌ただしくなってきましたね。年内にやり残した事はありませんか????

この一年を振り返ってみると後半はとっても忙しかったような気がします。

11月の後半は、なでしこデンタルJapanセミナーで初めての鹿児島に行ってきました。若い女性歯科医師を対象にしたセミナーで、根の治療とコンポジットレジン修復治療(虫歯や欠けてしまった歯を白い詰め物で修理する治療)のセミナーのお手伝いをしてきました。

semi_R

今からさかのぼる事約30年前、私が歯科医師を目指し、歯科大に入学した際、女性は1割程度でした。
女子校育ちの同級生は、男性ばかりのクラスになじめず、女子トイレで深呼吸をしていました。
残念ながら、当時は男尊女卑的な空気も満載で、認められたくてかなりつっぱって仕事をしていたような気がします。
しかし、現在、歯科大生の半数は女性です。女性ならではの気配りや繊細さが認められ、ずいぶんと環境が変わってきたようです。
私が参加しているWDC(女性歯科医師の会)の参加者も年々増えてきてパワーアップしています。
今後が大変楽しみです。私も若いパワーをいっぱい吸収して、益々、患者様のためにレベルアップしていきます。

それにつけても、鹿児島の海産物、豚肉、そしてイモ焼酎は本当に美味しかったです。またプライベートで是非訪れたい場所となりました。

日本矯正学会に参加してきました。

投稿日:2014年10月29日

カテゴリ:マコト歯科Blog

10月20日からの3日間、幕張メッセで開催された日本矯正学会に参加してきました。

bl_r3_c2

矯正治療を始めてから26年、月日が流れるのはとても早いものです。この間に多くのテクニック、器具、材料、機械が開発されてきました。

私が初めて大学の矯正学教室で習ったツイードのスタダードテクニック、ベック法等に比べ、ずいぶんと治療が簡便になりました。それは、矯正の器具(ブラケット、ブレース)に機能が組み込まれて、複雑なワイヤーを曲げなくても良くなったからです。この事は患者様にも利点があります。治療時間の短縮は勿論、複雑なワイヤーが入ると歯磨きが難しくなり、虫歯や歯槽膿漏を引き起こしてしますからです。

矯正治療はきれいな歯並びになる事で、見た目を良くする事ができます。しかし、本来の目的は、きれいな歯並びになって、よく噛めて、自分で行う毎日の歯磨き(フロスも含む)が効率よく効果的にできるお口の環境を整える事です。そして、一生自分の歯で食べられるようにお口の環境を整える事なのです。

そうはいっても、矯正治療中の歯磨きは大変です。そこで、私は、矯正器具がついていても、効果的にプラークを除去できるEMSのパウダーを使用しています。装置周囲のブラシでは、清掃しにくい箇所も水流とナロパウダーで、歯を傷つけずにきれいにできます。患者さんにも、すっきりして気持ちいいと評判です。

今回の矯正学会会場でもEMSが紹介されていました。ちなみに、会場で流れていたのは私の患者様たちの清掃時のビデオです。ビデオは分かりやすく、他のドクターにも評判でした。

bl_r1_c1

私も矯正治療を2回経験しています。矯正治療は大変な治療ですが、行った事には満足しています。そこで、治療中、少しでも患者様の負担の軽減をはかれるようにこれからも工夫していきたいと思います。

山形の日吉歯科さんの研修に参加

投稿日:2014年8月18日

カテゴリ:マコト歯科Blog

山形の日吉歯科さんの研修に、スタッフとともに参加してきました。

朝4時に起床し、8時半より講義開始、とてもハードな2日間でしたが、あらためて、予防治療の大切さと使命感を再認識させられるものでした。

私たち歯科医師はとかく患者さんの苦痛を取り除くため、治療に目が向きがちです。また、患者さんも、事がおこってからでなくては来院して頂けません。

生涯ご自身の歯で食事をして頂くには、20歳まで虫歯ゼロ、歯周病なしを目指せば良いのです。そんなの無理!と行った声が聞こえてきますが、無理ではありません。

自分のリスクを充分に把握し、定期的に衛生士プロフェッショナルメインテナンスを受ける事で回避できます。具体的にいうと、口腔内診査、歯石除去、クリーニング、セルフメインテナンスの指導、リスクテスト、現状の説明等、多岐にわたります。

自分の健康は自分で守る意識を持って頂きたいのです。それをサポートさせて頂きたい。そのような思いで帰路に立ちました。

そして、うれしい事にスタッフの意識も大きく変化しました。帰路の飛行機の中でも、どこから医院改革を始めようかで話が盛り上がりました。

この情熱を絶やさず、一層、真の患利者さん健康利益を提供できる医院に変革していきたいと思っています。

今日はちょっと熱すぎたでしょうか?
10月のNHKのプロフェッショナルで紹介される病院ですので、皆さんも是非ご覧になってくださいね。 

SJCD合同例会に参加してきました

投稿日:2014年7月29日

カテゴリ:マコト歯科Blog

新潟で開催されたSJCD合同例会に参加してきました。

sjcd

全国の地区代表の症例報告、経験豊かな理事の先生方のお話は明日からの診療に多くのヒントと活力を頂きました。
明日からまたがんばって、患者さんの笑顔のお手伝いをしたいです。

「日本歯内療法学会@新潟」に参加してきました

投稿日:2014年7月15日

カテゴリ:マコト歯科Blog

7月12、13日新潟で日本歯内療法学会に参加してきました。

blog2 blog3 

歯内療法とは、根尖病巣という歯の根の先端にできる病気の治療法です。一般的には根管治療(根の治療)といわれます。

根尖病巣は歯を失う原因にもなります。
私は、かねてから、保存的な治療を目指しています。つまり、できるだけ歯を、削らない、抜かないといった事です。

そこで、このような学会に参加し、一生ご自身の歯でお食事をして頂けるようにお手伝いしたいと考えています。

今回、恩師であるペンシルバニア大学教授Kim先生が講演されました。Kim先生の講演はいつものように情熱のこもったすばらしいものでした。

blog1

講演後はKim先生を囲んで、楽しい時間を過ごす事ができました。勿論、熱心な先生たちの集まりですから、根治療の話に花が咲いた事は言うまでもありません。
Kim先生からのアドバイス、良き仲間たちに囲まれて、益々精進しなければ。。。。。。と気持ちを新たにしました。

ブログを始めます。

投稿日:2014年3月18日

カテゴリ:マコト歯科Blog

マコト歯科のブログを始めました。定期的に更新して参りますので、よろしくお願い申し上げます。