無痛治療を実践

歯医者って痛いから行きたくない・・・

歯医者で痛そうな写真歯医者さんが怖くて、長い間歯科医院から足が遠ざかっている方は多いです。

しかし、歯科医院に定期的に通わないとむし歯が出来てより痛い思いをすることになります。まさに負のスパイラルですね。

そこで、当院では、できるだけ痛みを抑えた無痛治療を行っております。

痛みを生じる治療の前に、「塗る麻酔」

塗る麻酔の画像当院では、痛みが生じる治療の前に、「表面麻酔」という塗る麻酔を使用しています。

例えば、歯石取りでも多少痛みを伴う場合もありますし、より強い麻酔を行う場合には注射を行う場合があります。

このような治療の前には、この塗る麻酔を塗ると、塗った面がマヒし、痛みを感じなくなるのです。主に歯ぐきに使用します。

痛みに弱い方、怖い方にオススメです。

「塗る麻酔」を使用したあとに、痛くない「注射麻酔」

歯科治療では、塗る麻酔だけでは痛みを抑えられない場面があります。このような場合は、注射による麻酔を行いますが、その前に塗る麻酔を塗っているので表面は痛みを感じません。しかし、注射をした歯ぐきの内部では多少痛みを伴いますので、さらに、この注射の時でも痛みを抑えられるように下記2つの取り組みを行っております。

nopain001_r1_c1

注射で使用する針は太ければ太いほど痛みが強くなります。当院で使用している麻酔の針は、現存する歯科麻酔針の中でもっとも細いものを使用しております。また、塗る麻酔を使用しますので、ほとんど痛みを感じることはありません。

nopain001_r3_c1

麻酔針をさしてから、注射器を押して麻酔液を注入していきますが、この麻酔液を注入するときにいきなりビュッと入れると痛みを生じます。当院では、電動の麻酔器を使用しており、医師の力の入れ具合関係なしに、自動で一定の速度で注入してくれます。